2019年10月29日火曜日

首を長くして友を待つ(童話)




昔々あるところにキリンさんがおりました。 キリンさんは病気で苦しんでいます。

毎日毎日咳が出て、ゴホゴホと咳をし、389℃の熱が今日も出ています。

それを心配したぞうくんは、キリンさんのおうちに行ってきました。

「何か、何か手助けできることはないですか」

そう聞くとキリンさんはこう答えます。 

「山の方にある穴蔵に、 アナグマくんがいます。どうかそこに行って薬をもらってきてほしい」と言いました。

ぞうくんは「分かった、分かったよ。キリンさん、絶対助けるからね!行ってくるね!」と言いながら逆方向に向かって歩き出しました。 

歩けども歩けども、一向にアナグマくんの家に近づくことはできません。

はっと気がつくと、小高い丘にたどり着き、日はとっぷりと暮れています。

街灯がありませんので、空には満天の星空。

今は夏の大三角形が沢山の星と共に見えています。

もしかするとあれがぞう座だったりするのかもしれないなあ。

そう思うとぞうさんは胸がときめきました。

いつかキリンさんとここに来てこの星空を一緒に見るんだ。

そう思ってぞうさんは 再びとことことことこと 逆方向に歩いて行きます。 

1日と20時間経って、 ぞうさんは気づきました。

「空に浮かぶ人工衛星の角度から見ると、もしかすると僕は結構方向に来ているんじゃないかしら。」

そう思って近場にいたナマケモノくんに話を聞きます。 

「あの、あの申し訳ないんだけれども、アナグマくんのお家ってどこがご存知ないですか?

ナマケモノくんは、1時間45分かけて言いました。

「逆方向だよ」

「そ、そうなんだ。ナマケモノくん、ありがとう」

そしてぞうさんは、逆の逆方向にとぼとぼとぼとぼと歩いて行きました。

また夜が来て、小高い丘に着いたぞうさんは満天の星空を眺めます。

はあ、なんて無駄足を踏んでしまったんだ。

1日とちょっと無駄にしてしまったじゃないか。

あの人工衛星に気がついていれば、もっと早く自分の過ちにも気がつくことができたのに。

ぞうくんは飯と自分の罪悪感を覚えながら、とことことことこと、満天の星空の下を歩いてきました。

1日と20時間また歩いて帰り、キリンさんの家の前に着いた後、そこから3時間歩いて行ったところにアナグマさんのお家があります。

「あのー、あの、アナグマさん申し訳ないんだけど、僕じゃなくてきりんさんがですねあの、薬を必要としていまして、どうか分けていただけませんか。」

ぞうさんはそう言うと、アナグマさんは言いました。

「あーもう持って行きましたよ。」

「え?」

「うんそう。あのキリンさんがね、ちょっと病気だって言うこと聞いていたから。ここから3時間歩いて行ったところなので持って行っちゃいましたよ。今頃は多分元気にしてると思います。是非言ってあげてください。ぞうくんのことをずっと待っていましたよ。

「そ、そうなんだ。ありがとうアナグマさん。」

洞穴を出て象くんはとことことことこと3時間の道を帰ります。

キリンさんの家の前まで来てトントンと戸を叩くと、キリンさんが出迎えてくれました。

「ぞうさん久しぶりだね待ってたよ。どうしたんだい君は、遅かったじゃないか。」

「あのーあのーもしかすると、心が疲れているんじゃないかと思って、君と一緒に見たい星空を探していたんだ。」

「そうなんだ僕は風邪だったんだけどね。誘ってくれたことがとっても嬉しいよ。そうだね。それじゃあ一緒に行こう。

それからふたりはとことことことこ小高い山に行って、美しい満天の星空を眺めましたとさ。 


0 件のコメント:

コメントを投稿