2019年4月10日水曜日

ジャグリングの怖さ

しかし、なんだってあの人は尖った針の上に立っているんでしょう。

 まるで丸いりんごの上に足を乗せているかのようなそういう風に悠々と立っています。 それから男の人は笑みを浮かべ、右に左にジャグリングを二つ三つしたかと思えば、 最後には自分の頭に乗せてしまいました。 男の人の大道芸に観客の人だまりができていて、男の人は小さな男の子を指差しました。 男の子はひどく恐れています。 何をするのかと思いきや、その男の人は男の子を抱え上げ、自分の肩に乗せてしまいました。 そうしてより重くなった体を右足左足と針の上を足踏みするのです。 私は二つの意味でひやひやして見ていました。 一つは男の人の体重が増加することにより足に針が突き刺さらないかということ。 もう一つは親が近くにないかということです。 幸いにも男の子の親はそういう大道芸に理解のある人だったようで、パチパチと手を叩いて歓迎しているようでした。 私は二つの意味でホッと胸を撫で下ろし、男が親元に帰っていくところを眺めていました。 他の場所でそういった大道芸を見せた時に大人の人が選ばれることがあるんだろうか。 そう思いながら家に帰って、自分の家にあるツボ押しマットの上に乗ってみました。

 ひどく痛い。 どう、どうやって痛みと心の折り合いをつけているんだろう。 説明を見るとどうやら私は肝臓が少し悪いようです。 ひやひやしないような、もっとストレスのない生活を送りたいと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿