2019年6月29日土曜日

怪文書書いてみた

もしも魔法が使えたら家が火事になってしまうよ。


魔法棒の先っぽのデザインは土星型。いくつかの衛星が常に回っています。呪文はアブラカタブラをもっとねじ曲げた発音です。

投げるように土星を振ったら、流れる星が出てくるから、家の中で振ってはいけません。

二匹のトンボが折り重なった暁には、心が明るくなってまるで空を飛ぶような気持ち。

三歩歩いたら土踏まずに力を込めて、利き足じゃない方で踏み切りをします。

雲の湖では、白鳥がクマノミを食べています。そろそろ流れ星が家に届く頃です!
その流れ星は、塩一粒の大きさから、空気の層に摩擦して、窓から目視できる頃には、家が火事になってしまうよ。



おはようございます。今日も元気に頑張りましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿