2019年6月1日土曜日

薄着の短歌

みなさんこんばんは!日橋喩喜です!

五月だというのに、もう暑いですよね。みんな、大学ではもう夏の服を着ています。

みんながどんどん肌を露出していく様を見て、こんな短歌を詠みました。


夏になって、大胆な服装をしている人が増えたものの、夕方になると気温が下がってくしゃみをしている方を見て浮かびました。

足跡というのは、大胆な服装の女性を見ている男がじっと見つめている視線の熱さに夕方はちょっと怖いなと思ったからです。

大胆な服を着ているときは、明るい場所を歩こう。

日橋喩喜からの注意喚起でした。ばいばい。

0 件のコメント:

コメントを投稿